Event is FINISHED

BioHack Academy4 @BioClub

Description

BioHack Academy4 @BioClub

Welcome Biohackers!
バイオテクノロジーと生物学を実践し、パーソナルプロジェクトを実行する。
サイエンスの常識を超えた可能性をともに学び、新たなクリエイションへ。
BioHack Academyはバイオテクノロジーをすべての人にオープンにするレクチャーです。

BioHack Academy(BHA)は、オランダ・アムステルダムを拠点とする市民と先端テクノロジーを結びイノベーションを促進する公益財団、Waag Societyが提供するパーソナルバイオを実行するためのレクチャープログラムです。現在BioClub(東京)を含む5カ国のファブラボ、ハッカースペースがこのレクチャーを受講しています。BioClubでは昨年度のBHA3より参加しており、今回4度目の開催となるBHA4を開講します。 BHAは以下の二つを目標としてレクチャーを提供しています。

- バイオ/アート/デザイン/ハッカーコミュニティを横断するクリエイションを生む。
- パーソナルバイオのための基本的な機械とハードウェアの制作する。

BHAは生物学の知識やバイオテクノロジーを自分で実践してみたいというモチベーションを持つすべての人が対象です。必ずしも生物学を学んでいた経歴やバイオテクノロジーに近いバックグラウンドは必要ありません。自分が活動する分野、興味のある分野にバイオテクノロジーを持ち込みたいと考えている方に最適なプログラムです。約10週に渡ってパーソナルラボの設計・構築・使用する方法や微生物の培養方法、バイオポリマーの精製方法など生成技術までを学びます。またプログラムの最後には学んだことをベースに個人プロジェクトを行い、その成果をオープンにすることまでを目指します。

プロジェクトの舞台となるのは、FabCafe TokyoのプロジェクトスペースであるFabCafe MTRLと、併設するBioLabです。受講生はプログラム期間中、自由にFabCafe MTRLとBioLabを使って実験プロジェクトに取り組むことが可能です。(利用方法などは初回に共有します。)

こんな人におすすめ

・生物学やバイオテクノロジーに触れてみたい方、使用方法を学びたい方。
・デザイン/アート/クリエイティブに関わり、表現の新しい方法を模索されている方。
・ものづくりの新しいテーマに取り組みたい方。
・企業で新規事業、テーマ開拓などを模索しているかた。

BHAの情報について / Where can I find out more information about the BHA?

過去のBHAのレクチャー、BHAの公開するリソースはすべてgithubで共有されています。
All the resources and materials are freely available on github
https://biohackacademy.github.io/bha4/

レクチャーでの言語について / Do I need to read/write/understand English?

レクチャーのムービーやリファレンスの言語は基本的に英語ですが、日本語でも対応します。
The BioHack Academy in Tokyo is part of the Global BioHack Academy, with partcipating labs and hackerspaces from around the world. The video lectures will also be in English. In order to communicate effectively, the common language is English. If it helps your understanding, you are welcome to translate the content to Japanese.

※重要:2017年1月10日追記※

BioHack Academy4を受講される方へ。 この度はBioHack Academyへの受講エントリー、ありがとうございます。 BioHack Academyを運営しておりますBioClubの事務局です。 当初、オランダとの時間差を考慮して、毎回の講義を1週間遅れで受講する予定を組んでいたため、 初回の開講日を2016年2月4日(土)とご連絡しておりましたが、 今回は、オランダ・アムステルダムのWaag Societyのカリキュラムの開講日の関係上、 まったく時間差を設けずに開講できる運びとなりました。 そのために、初回の開講日を【2016年1月31日(火)18:00~】と変更させていただきたいと思います。 ご参加いただいて、予定をすでに組んでいらっしゃるみなさまには大変申し訳ありませんが、 スケジュールの変更をよろしくお願いいたします。 なお、初回以降のスケジュールも、毎週火曜日18時~の開講となります。 下記、確定したスケジュールとなります。是非カレンダーなどにメモをよろしくお願いします。

第1回 2017年1月31日(火)18:00~ 第2回 2017年2月7日(火)18:00~ 第3回 2017年2月14日(火)18:00~ 第4回 2017年2月21日(火)18:00~ 第5回 2017年2月28日(火)18:00~ 第6回 2017年3月7日(火)18:00~ 第7回 2017年3月14日(火)18:00~ 第8回 2017年3月21日(火)18:00~ 第9回 2017年3月28日(火)18:00~ 第10回 2017年4月4日(火)18:00~

詳細

期間:2016年1月31日(火)〜4月上旬(初回:2017年1月31日(火)18:00〜)
レクチャー開催日(全10回程度を予定)毎週火曜日 18:00~(参加者の状況によっては開始時間が変更になる場合があります)

場所:FabCafe MTRL
〒150-0043 東京都渋谷区道玄坂1−22−7 道玄坂ピア2階

講師:Georg Tremmel / ゲオルグ・トレメル(bcl / アーティスト)

参加対象者:
- 生物学やバイオテクノロジーに触れてみたい方、使用方法を学びたい方。
- デザイン/アート/クリエイティブに関わり、表現の新しい方法を模索されている方。
- ものづくりの新しいテーマに取り組みたい方。
- 企業で新規事業、テーマ開拓などを模索しているかた。

受講料:¥30,000(税込み)  ※BHA3を受講された方は無料です。
※受講料はpeatixでの管理を行います。こちらからお振込ください。

定員:12名

運営:BioClub、FabCafe MTRL


BioClubとは ? / What is the BioClub?

bioclub_logo

BioClubはバイオテクノロジーをオープンにし、バイオテクノロジーを必要とする様々な人や分野をつなぐためのコミュニティです。

● オープンイノベーションを創出するための政策提言
● バイオから拡がる未来についての濃密な議論
● バイオラボをオープンするためのガイドライン提供
● 企業、省庁、研究機関、大学の連携方法のデザイン
● 最先端の世界の動向をリサーチ

BioClubではFabCafe MTRLにて勉強会やゲストトークなどを行なう定例MTGを毎週火曜日18:00から開催しています。

BioClubの定例MTGはオープンなコミュニティとなっており、どなたでも参加することができます。
*参加方法:https://www.facebook.com/bioclubshibuya/ にて事前に情報をご確認の上ご参加下さい。
*BioClubに関するすべての情報は以下で公開されています。
https://www.bioclub.org http://github.com/BioClub/
*More information a www.bioclub.org and http://github.com/BioClub/

Updates
  • イベント詳細情報を更新しました。 Diff 2017-01-10 13:25:53
More updates
Sat Feb 4, 2017
11:00 AM - 3:00 PM JST
Add to Calendar
Venue
Tickets
レクチャー受講料 SOLD OUT ¥30,000
Venue Address
〒150-0043 東京都渋谷区道玄坂1−22−7 道玄坂ピア2階 Japan
Organizer
FabCafe
1,571 Followers